« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

上値トライとなるか

107円台で反発してきました。
108円台後半には抵抗も多く、方向感のない動き
になるかもしれません。
週足で流れが変わってくるかどうかに注目したいです。

2019年6月24日 (月)

動きが出るのは

 クロス円は反発してきたように見えるペアもありますね。
ただし、ドルが軟調なので円高リスクは意識しておきたいです。
今週末のG20までは様子見かもしれませんが来月には動きが
出るかもしれないので、よく見ておきたいです。

2019年6月23日 (日)

円高基調です

107円台まで円高が進んでます。
米国の利下げは円高ドル安となるので、円高圧力
がかかりやすい状況です。
そろそろ反転してくれないとテクニカル的にも円高
がさらに進行しそうなので心配です。

2019年6月18日 (火)

底打ちは?

今週は日米の金融政策を決める会合などもあり、
週明けはあまり動きがありません。
欧米が金融緩和に方向転換しそうな感じなので、
どの程度影響が出てくるかです。
クロス円はまだ底打ちかどうかはっきりしない
ペアが多いので慎重にいきたいです。

2019年6月16日 (日)

流れはまだ

イランのニュースも気になりますね。
米国は利下げに方向転換をしてきたので、ドルに
とっては下げ要因となります。
他にも円高要因が重なるとドル/円は上がりにくく
なってきそうです。
流れはまだ下向きなので、底打ちを待ちたいです。

2019年6月 9日 (日)

戻りを試してます

株価が米国の利下げ期待から大きく上昇。
クロス円はリスクオンの流れが強まれば
上昇していきますが米国の利下げはドル安
円高の動きにつながるので為替は株ほど
上昇期待はもてません。

利下げ期待

 先週は雇用統計が悪かったことで米国の
利下げ期待がさらに高まり、株価は上昇してます。
FRBの金融政策が緩和的になれば株価上昇する
可能性はありますが高値圏にあるだけに一度は
大きく下げるリスクは想定しておかないといけません。
為替は米国が利下げならドル安円高リスクが高まります。

2019年6月 3日 (月)

6月相場

6月相場は5月に続き、下げる動きが出やすいです。
その理由の1つがSQがあるためです。
6月前半のSQまでは5月の軟調相場の流れが続き、
底をつけることが結構あります。
株が下げているので為替相場もリスク回避の流れに
なっているので週明けからの動きに注意したいです。

2019年6月 1日 (土)

もう一段

株価がまだ下げそうな不安があります。
為替も円高トレンドが続いています。
ドルはもう一段下げが来てから買っても
遅くなさそうです。
今週は雇用統計もあるので焦らずにチャンス
を待ちたいです。

『FXで始める外貨投資 山根亜希子 の外貨のある生活』のホームページ上に掲載されている情報は、一般的な情報提供を目的としたものであり、投資助言・代理業務を目的としたものではありません。よって、具体的な売買のご案内・ご指示は致しかねますのでご了承ください。資産運用、投資などに関する最終的な決定は、ご自身の判断でなされますようお願いします。ホームページ上の情報の内容に関しては万全を期していますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、有限会社ユビキタストレーディング、および外部情報提供者は一切の責任を負いかねますので、予めご了承下さい。
外国為替証拠金取引(FX)は、取引する通貨の価格変動による損失リスクが存在する為、元本が保証された金融商品ではありません。また、FXは小額の証拠金で取引することができ、大きな利益が期待できる反面、短期間で大きな損失を被る可能性もあります。 お取引に当たっては、取引業者のリスクに関する説明書、取引説明書等を十分にご確認頂き、ご自身の判断でお願い致します。